逆転裁判©CAPCOM 逆転のスポットライト
STORY
舞台は大人から子供までTVでも大人気のヒーロー「大江戸戦士トノサマン」が上演される劇場。
客席には主人公の熱血弁護士、成歩堂龍一と助手で霊媒師の綾里真宵の姿が。
真宵は大好きなトノサマンの舞台とあって上機嫌!
しかしそこには何故か、トラブルメーカーで成歩堂の幼馴染み、矢張政志の姿もあった。

いつの間にか客席には、成歩堂のライバルであり、かつ天才検事の御剣怜侍。
彼もまた成歩堂の幼馴染みだ。
さらには糸鋸圭介刑事の姿も。

彼らがなぜここに?

やがて開演ブザーが鳴り、幕が開く。
舞台ではトノサマン達による大立ち回りがはじまった、その時!
宙に吊るされていた巨大提灯が落下。そして・・・炎上。
舞台は最悪な展開をむかえた!
やがて容疑者扱いとなった役者、荷星三郎は、旧知の成歩堂の弁護の申し出を断り、なぜか黙秘をし始める。

果たしてこの状況は事故なのか?
事件なのか?
目撃者はすべての観客。

いま、新たな逆転劇の舞台が幕を開ける・・・・。
▲このページのTOPへもどる